バカラをプレイ!絞り(スクィーズ)で期待度を判断する方法とは?

バカラをプレイする方へ、「絞り(スクィーズ)」の方法&マナーを前に紹介しましたね。

そこで今回は、「絞り」についてさらに実践的な内容を紹介します!

「絞り」のアツい組合せについて

縦絞り・横絞りとゲームをプレイしていく中で、実は「結果が期待できない組合せ」というものも存在します。

そんな時に絞りに時間をかけてしまうと、周囲の客から反感を買ってしまうことにもなりかねません・・・

ここで「どんな組み合わせがアツいのか?」を紹介していきますので、反感を買わないためにも参考にしてみてください。

<縦絞り>
    • 期待度大!の最高の組合せ

「足がある」×2枚
「タテ」+「足がある」
「ピクチャー」+「足がある」

以上の組合せは、「横絞り」に期待がかかる組み合わせです。

    • 横絞りするまでもない?!な組合せ

「タテ」×2枚
「タテ」×「ピクチャー」
「ピクチャー」×2枚

念を込めて絞っても大した結果にならない組み合わせなので、パパッとめくってOKでしょう。

<横絞り>
    • 「足がある」×2枚の場合
      1. ツーサイド×2枚、フォーサイド×2枚
      2. スリーサイド+フォーサイド
      3. ツーサイド+フォーサイド
      4. スリーサイド×2枚
      5. ツーサイド+スリーサイド
    • 「タテ」+「足がある」場合
      1. ノーサイド+スリーサイド
      2. ノーサイド+ツーサイド
    • 「ピクチャー」+「足がある」場合

この場合は、スリーサイドが安全でしょう。

フォーサイドもナチュラル「9」が懸かっているので、「アツい組合せ」と言っていいですね。

「絞り(スクィーズ)」についていろいろと説明してきましたが・・・

みなさん、ご理解いただけましたか?

いきなりぶっつけ本番でバカラテーブルに挑戦して絞るよりも、「絞りバカラ」のゲームの流れをあらかじめ知って慣れるためにも、一度カジノサイトで練習するのがおすすめです。

 ⇒ エンパイアカジノへGO!

こちらのカジノは、1ベット1ドル(約100円)でライブバカラを楽めます♪

また、トランプに触れていない方の場合は、実際にトランプを用意して「絞り」のマネ事をしてみましょう。

トランプが小さく感じ、スマートに絞るためには慣れが必要だと実感すると思います。