【バカラの罫線】「小路(シュウロ)」の有効な使い方について

これまでにバカラの罫線「大路(ダイロ)」と罫線にまつわる用語などをわかりやすく紹介してきました。

みなさん、覚えていますでしょうか?

さて、今回はさらに実戦的な罫線の見方&使い方をわかりやすく紹介していきます!

しかし!!

念のために最初に言っておきますが・・・

今から紹介していく「小路(シュウロ)」はもちろん、各罫線は「大路」と比較してしまうと複雑です。

でも、「小路」が理解できさえすれば他の罫線も理解できるようになります。

ですから、しっかり「小路」を理解していきましょう!

「小路(ショウロ、シャオルー)」の見方&書き方について

紹介する罫線の中でも、「小路」は1番ポピュラーな罫線と言えます。

ちなみに、英語で呼ぶなら「Small Road」です。

「小路」の見方&書き方のポイントは・・・たった3つ!

    • 出目表(大路)で最新の出目と2列前の出目との動き方(落ち方)を比較した結果を記録。
    • 動き方(落ち方)が同じであれば「正」として「」、もし違えば「誤」として「」と記録。
    • 比較できない場合、勝ちなら「」、もし負けなら「」と記録。

※この時、引き分け(タイ)の場合は無視でOK。

※「小路」での「」は「正・誤」となります。

小路変換1
小路変換2

※「小路」での「」は「正・誤」となります。

・・・きっと、一見しただけではよくわかりませんよね?

先ず最新の出目と2列前の出目との動き方(落ち方)を比較するので、この場合は⑤のプレイヤー勝ち以降、つまり6戦目からが記録スタートです!

小路説明1-1
小路説明1-2

下図の「大路」を見てみると、⑥はプレイヤーの勝ちになっています。

次に⑤→⑥への動き・2列前の①→②への動きを比較してください。

どちらも勝って下に落ちているのがわかると思います。

この場合・・・両方とも「正」となりが記載されます。

小路説明2-11
小路説明2-22

その次も同じパターンですから、一気に説明しちゃいますね!

⑦はバンカーの勝ち、⑧もバンカーの勝ちです。

②→③の動きと⑥→⑦の動きが同じということは
同様に③→④と⑦→⑧の動きも同じということで

小路説明3-11
小路説明3-22

では、⑨はどうなると思いますか?

2列前の⑤はプレイヤーの勝ち、⑨はバンカーの勝ち・・・

つまり「誤」となりが記載されます!

小路説明4-11
小路説明4-22

ここで問題となるのは、次の勝負です!

本来、⑨→⑩と2列前を比較する事になっているんですが・・・

2列前には⑨に該当するものがない・・・つまり比較できませんよね?

そんな時は、勝ったら「」、負けたら「」ですよ!

⑩はバンカーの勝ちということは、が記載されます。

小路説明5-11
小路説明5-22

⑪・⑫も同様に比較対象がないですよね?

つまり、勝ったら「」、負けたら「」を記載することになるので、⑪の場合は、⑫の場合はとなります。

小路説明6-11
小路説明6-22

ここまでの説明で、なんとなーくわかってきましたか?

⑬・・・誤

⑭・・・正

⑮・・・正

小路説明7-11
小路説明7-22

⑯・・・誤

⑰は⑬と落ち方が異なる・・・誤

⑱は比較対象がないものの連勝している・・・正

⑲は比較対象がないものの連勝している・・・正

⑳は比較対象がないものの負け越しているの・・・誤

小路説明8-1
小路説明8-22

有効な罫線の使い方について

前表を「大路」・「小路」で並べてみると・・・

「大路」に規則性が無いように見えます。

小路説明9-1
小路説明9-2

「小路」は、順番通りなら次は誤となると予想できます。

「プレイヤーが来そう!」と直感的に分かるんですね。

罫線の種類(書き方)によって全く異なった表情を見せます。

次は、また「小路」とは違う罫線をわかりやすく紹介していきます。

「小路」が理解できていれば比較的簡単だと思うので、他の罫線もぜひマスターしていきましょう!

50人以上のディーラーから自分好みのディーラーを見つけて、楽しくバカラをプレイしよう♪

ディーラー