あなたにピッタリのスロットマシンの選び方を伝授

スロットマシンを選ぶときのポイント

スロットマシンというのは、機種ごとに特徴が異なります。

「プログレッシブなのか、フラットトップなのか?」

「実際のリールなのか、ビデオスロットなのか?」

このように、同じカジノの中でも機種は複数台存在しています。

さらに、リールの数やライン数、掛け金や配当なども機種によって異なるのです。

共通したことといったら、「遊び方」くらいですね。

コインを入れたらレバーを引いて(もしくはスタートボタンを押して)ゲーム開始!

リールが停止して、ベットしたライン上に指定の絵柄が揃ったら、その分の配当が貰えます。

これは、日本にあるパチスロと基本的に遊び方は一緒ですね。

それでは今回は、あなたがどのようなスロットマシンを選べばいいのかを、こちらでご紹介したいと思います。

ライン数で判断

スロットマシンによっては、リールの数とラインの数が異なります。

こちらでは、代表的な組み合わせを紹介したいと思います。

3リール1ライン
3リール1ライン

3リール5ライン
3リール5ライン

5リール5ライン
5リール5ライン
こちらの機種の4ライン目は「∧」、5ライン目は「∨」という部分になります。

それから、『ビデオスロット』という機種についてですが

25ライン~50ラインというライン数を備えている機種も存在します。

こちらが25ラインのビデオスロットです。
25ラインのビデオスロット

25ラインの詳細
25ライン

デノミ(単価)で判断

デノミ(Denomination)というのは、1ラインに賭ける金額の「単価」のことです。

基本的には『5セント(0.05ドル)、25セント、1ドル、5ドル、25ドル、
100ドル以上』という設定があります。

ビデオスロットの種類によっては、1ライン当たり1セントというものがあります。

例えば25ライン全てに賭けたとしたら、1プレイあたり0.25ドルになるという機種です。

それから、1ラインのスロットマシンに多いタイプが

1ライン当たり1~3単位のベットができる機種です。

ベット数の違いによる配当表

配当表を見てみると、ラインベットが2倍・3倍となれば子役の配当も同じように、2倍・3倍になっていきます。

ジャックポットは、賞金額が全然違うというのが分かります。

つまり、最高賞金のジャックポットを狙うという事であれば、コインは「最大枚数」を投入する必要があります。

簡単にまとめると・・・

ラインベット → デノミ×ベット数
1プレイあたりの掛け金 → ラインベット×ライン数

プログレッシブとフラットトップで判断

ジャックポットというのは、スロットマシンの最高絵柄を指します。

ほとんどの機種で、トップジャックポットの配当額は固定されています。

しかし、中にはジャックポットの賞金が徐々に高くなっていく機種もあります。

それは、スロットマシンで遊んでいた掛け金の一部が、ジャックポットの賞金に上乗せされていき、多くの人が遊べば遊ぶほどに上限なく、賞金がアップしていくシステムです。

このシステムを『プログレッシブ・ジャックポット』と呼びます。

ちなみに、ジャックポットが固定されている機種のことは『フラットトップ』と呼びます。

プログレッシブ・ジャックポットにも、いくつかのタイプが存在しています。

★「リンク」単一カジノの同機種でジャックポット賞金を共有する。

★「スタンドアロン」スロットマシン単体で賞金が積み上げられる。

★「ワイドエリア」複数のカジノの同機種で賞金を共有する。

ちなみに、「ホイールオブフォーチュン」や「メガパックス」という機種の『リンク』は、ネバダ州全体のカジノで行われていますので、かなり広範囲となっています。

このように、ライン数、デノミ、プログレッシブ・ジャックポットなどにより、スロットマシンには個性が生まれるのです。

配当の違いで判断

さて、機種が異なるということは配当表も変わってきますよね。

ただ、配当表は機種ごとにバラバラになっています。

最低の配当は「2倍、3倍~」という子役出現率が高い機種もありますし

最低の配当が「20倍、30倍~」という子役の出現率が低い機種もあります。

どの機種が1番儲かるのか?と聞かれても、一概にこれだとは言えません。

ですから、あなたの目標金額や予算、好みの遊び方などに合わせて、スロットマシンを選んでみてください。

それでは次回は、スロットマシンの抽選方法やオッズについて、お話をしたいと思います!