ルーレット攻略!エリア攻めで使える基本的なベット配置

前回の最後にお話をした、ルーレットを1/4の確率にしてしまう方法は、試していただけたでしょうか?

4種類のエリアをすべて覚えるというのは、それなりに練習が必要となります。

しかし、2回・3回連続で当たったら、チップも一気に増えますので、アグレッシブな攻略法だと言えます。

ただ、ルーレットの賭け方というのは、これだけじゃないのです!

今回もまだまだルーレットの賭け方に存在しているバリエーションをご紹介したいと思います。

ここからは『できる限り少ないチップ数で、できるだけ多くの番号をカバーできるチップの並べ方』

というコンセプトで、今回と次回の2回に分けて賭け方をお話ししたいとおもいます。

前回紹介している1/4分割が『攻め』の賭け方だとすると

今回から紹介するのは『守り』の賭け方になります。

一気に爆発的にチップが増える方法ではないのですが、賭けるエリアを最大限広げて、損失を最小限に抑えて、コツコツと勝ちを積み重ねていく方法になります。

気に入ったエリア賭けの方法を見出し、ぜひとも実践で試していただければと思います。

エリアで考えるベット方法について

ルーレットをプレイしていると

『少ないチップで、できるだけ多くの番号に賭けたい』

このような心理が働いてしまうものです。

ただ、適当にチップをばらまいてしまっては意味がありません。

まずは、基本的な形を頭の中に叩き込んでください。

今回はエリア攻めの中でも、基本的な「ベット配置」を紹介したいとおもいます。

実際のプレイ動画もありますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

ちなみに、紹介する配置はあくまでも『基本形』になります。

わかりやすく連番になるようなエリアを選んでみましたが、実際にあなたがプレイする時には、ほかの番号の組み合わせでも大丈夫ですからね!

スプリットベットによる組合せ

スプリットベットで、好きな場所6か所に賭けてみましょう。

このように12/38か所に賭けることが可能です。

スプリットベット6箇所

当たれば17単位の配当となり、12単位の利益を得ることができるのです。

3回に1回当たれば、収支はゼロになるってことです。

コーナー+スプリットベット

コーナーベットの4か所と、スプリットベット1か所の組み合わせになります。

5単位のベットで、14/38か所に賭けることが可能です。

スプリット+コーナー

コーナーベットもしくは、スプリットベットの重複部分で当たった場合は、13単位の利益を得ることができます。

コーナーベット単体であれば、4単位の利益になります。

ライン+スプリットベット

ラインベット2か所とスプリットベット1か所の組み合わせです。

たった3単位のベットでも14/38か所に賭けることが可能です。

スプリット+ライン

スプリットで当たれば15単位の利益となり、ラインベットであっても3単位の利益が確保できます。

エリア攻めの基本的な組み合わせについてご紹介してみました。

次回は、この基本を持って

「たった6単位で24か所~32か所」のエリアへ賭ける方法について、ご紹介したいと思います!

それでは次回をお楽しみに♪

動画で使用している「無料」カジノサイト