ルーレットの豆知識!少ないチップで多くの番号に賭けるには?

今回は、少ないチップで多くの番号に賭けるにはどうしたらいいのか?

その正解を、こちらでご紹介したいと思います(^^)/

基本的に使うチップは「6枚」となります。

ただ、5枚にしても同じように広範囲をカバーできますので、紹介する賭け方に慣れてきたら5枚でも試してみてくださいね。

24箇所に賭ける方法

こちらは、スプリットベットで利益を得る方法になります。

ルーレットチップ6枚で24箇所

スプリットベットで当たると、12単位の利益になります。

ファースト5で1単位、ストリートで6単位、ラインベットで収支ゼロといった感じです。

スプリットベットの場所を狙って賭けます!

26箇所賭け

ストリートベットで6単位の利益を取りに行くという方法になります。

ファースト5で1単位、ラインベットで収支ゼロといった感じです。

ルーレットチップ6枚で26箇所

これは、あまりパッとしない賭け方になりますね・・・

ただ、このページで紹介する賭け方は、どれも基本的には「ラインベット」と「ストリートベット」になります。

賭け金を守りながら利益をコツコツ積み上げるには、基本的なベット方法となりますので、この方法を使ってみてくださいね!

32箇所賭け

ラインベットでの当たりでは収益ゼロとなりますので、スプリットベットの場所が勝負となります。

ルーレットチップ6枚で32箇所

スプリットベットが当たった時だけ、12単位の利益といった感じです。

ハズレは6か所だけなので、ほとんど当たりますね。

ただ、スプリットが出なければ全くもって、資金は伸びないベット配置となっています。

いかがでしたか?

今回は、主にラインベットで損失を防ぎながら、ストリートベット、スプリットで利益を得る方法を3つご紹介してみました。

以前紹介している、攻撃的な4分割のベット方法に対して
かなり守備的なベット方法だといえるでしょう。
しかし、別途の置き方の自由度がとても高くて、ラインとストリートの割合を変えることや、スプリットの場所を増やすなど、組み合わせが自由です。

ルーレットを楽しみたいという方、そして初心者の方にも簡単にできる方法だと思います。

この方法を練習したい時は、下記のカジノサイトで実際にプレイして練習してみてください!