バカラの確率計算から導き出した「戦略(セオリー)」について

順番にこの記事まで読み進めていただいた方は、「バカラに勝つには運が必要」と思っているかも知れません。

・・・実際、その通りです!(苦笑)

今回は、「PLAYER」・「BANKER」・「TIE」の出現確率の違いからハウスエッジを計算。

バカラにおける最適な戦略(セオリー)を学んでいきましょう。

「PLAYER」・「BANKER」・「TIE」の出現確率について

計算条件ですが、今回は一般的なバカラで使用される「8Deck」を条件に計算していきます。

※「8Deck」とは、ジョーカーを除くトランプ52枚=1セット(1Deck)と考えて、8セット(8Deck)のトランプを使用すること。

「BANKER」に賭けた場合のハウスエッジは?

結果 配当 出現確率 リターン
「BANKER」の勝ち! 0.95 0.458597 0.435668
「PLAYER」の勝ち! -1 0.446247 -0.446247
「TIE」 0 0.095156 0
ハウスエッジ -0.010579
  • 【配当】1単位(単純に1ドルでもOK)賭けた場合に得られる利益の割合。例えば上表の場合、「BANKER」に賭けているので「BANKER」が勝ったら0.95単位(0.95ドル)が戻ります。

    「PLAYER」が勝ったら賭け金の1単位(1ドル)損します。

  • 【出現確率】8Deckでバカラをプレイした時、出現するカードすべての組合せからそれぞれの結果が出る確率。
  • 【リターン】配当×出現確率 期待値。
  • 【ハウスエッジ】
    結果、それぞれのリターンの総和。期待値のこと。

「PLAYER」に賭けた場合のハウスエッジは?

結果 配当 出現確率 リターン
「BANKER」の勝ち! -1 0.458597 -0.458597
「PLAYER」の勝ち! 1 0.446247 0.446247
「TIE」 0 0.095156 0
ハウスエッジ -0.012351

「TIE」に賭けた場合のハウスエッジは?

結果 配当 出現確率 リターン
「BANKER」の勝ち! -1 0.458597 -0.458597
「PLAYER」の勝ち! -1 0.446247 -0.446247
「TIE」 8 0.095156 0.761248
ハウスエッジ -0.143596

※上表は「8Deck」ですが、これが「6Deck」になったとしても数字はほぼ変わりません。

【表についての説明】

上表のハウスエッジは、生の数字です。

これをパーセンテージに置き換えると・・・

  • バンカーの勝ち・・・-1.06%
  • プレイヤーの勝ち・・・-1.24%
  • TIE・・・-14.36%

この数字は、「賭け金に対して平均的に失う金額の割合」を表しています。

例えば、単純に毎回1,000円ずつ「BANKER」に賭けるとしたら、約10.6円を毎回平均的に損失することになります。

そしてTIEに毎回1,000円賭けたとしたら、毎回144円失っていく計算になります。

⇒ 詳しいハウスエッジの説明はこちら

唯一のバカラ基本戦略について

ハウスエッジを考えた場合、「PLAYER」より「BANKER」に賭ける方がハウスエッジが小さいので、「BANKER」に賭ける方が理論的に考えれば僅かに有利となります。

でも差が本当に小さいため、実際にプレイする場合はそこまで気にしなくても大丈夫です。

まあ、どうしても迷った時などは、「BANKER」に賭けるのが確率的に考えて最善の選択と言えます。

しかし、「TIE」に賭けることは不利な賭け方だと結果を見ればわかってもらえるかと思います。

それに「TIE」が出たとしても、「カジノの総取り」にならず賭け金は100%戻ってきます。

バカラの戦略について挙げるなら・・・

「TIE(引き分け)」には絶対に賭けないこと!

必ず「BANKER」・「PLAYER」に賭けること!!

もし、バカラをプレイしていて自分の予想がことごとく裏目になってしまい、「BANKER」・「PLAYER」どちらも選べない・・・という時、

ついつい「TIE」に賭けてしまいがちですが、確率的に考えたら絶対的不利だと頭の片隅にでもおいておいてください。

「Tie Bet 9 to 1」も実は損?

同じ「TIE」でも9倍配当の場合、「TIE」のハウスエッジは約4.84%となります。

ちなみにこれは、ダブルゼロのルーレットとほぼ同じくらいのハウスエッジなんですよ。

それでも!「TIE」に賭けることは・・・「BANKER」・「PLAYER」に賭けるより損をする賭け方なんです。

「BANKER」・「PLAYER」に賭けるのが、やはりバカラをプレイするうえで王道的な戦略と言えます!

マカオのローカルルールについて

バカラのメッカとも呼ばれるマカオでは、「BANKER」・「PLAYER」・「TIE」ベット以外にも「Pair(ペア)」ベットというものが存在します。

「Pair」ベットとは、「TIE」よりハウスエッジは良い賭け方ではありますが、「TIE」と同じく損する賭け方と言えるので避けた方が賢明ですね。

「Pair」に賭けた場合のハウスエッジは?

結果 配当 出現確率 リターン
「Pair」 11 0.074699 0.821687
「Pari」以外 -1 0.925301 -0.925301
ハウスエッジ -0.103614

こちらは、「Pari」ベットのハウスエッジを数字にしてパーセンテージで表しました。

  • TIE・・・-14.36%
  • バンカー・ペア・・・-10.36%
  • プレイヤーペア・・・-10.36%

ここまでバカラの確率&ハウスエッジについて紹介してきましたが、読んでみていかがでしょう?

まあ、こういった確率計算抜きでもバカラは「ハマる」人が多いんですよね!

例えば、時代劇で「丁半博打」をする光景を見たことがありませんか?

正直「これのどこが面白いんだろ?」と毎回見るたびに思っていましたし(苦笑)

特にやってみたいとは思いません。

でも、本質的に考えればバカラも丁半博打とほぼ一緒!約1/2の確率なんですよね。

しかし、「バカラ」はゲームの奥深さが全然違います!

バカラ特有のプレイである「絞り」であったり、「罫線」に託すロマンであったり、「人間罫線」にされた時の優越感・屈辱感などなど・・・

1/2の確率のバカラという単純そうなゲームが、これらのおかげで何倍にも面白くなってくるんです!

バカラに興味がないあなたも!まずは、
「バカラ」というゲームを実際にプレイして面白さを実感してみて欲しいです。

下記サイトでは、トップページの「テーブルゲーム」から「完全無料」のすぐ遊べるミニバカラに参加できます!

無料バカラ

さらに、簡単な登録さえすれば「絞り」ができる「ライブバカラ」もこのカジノサイトには用意されているので、バカラというゲームの奥深さまで体験できますよ。

⇒ バカラの練習や初めてのプレイに最適なカジノサイトはこちら

バカラについて基本的なルール・戦略説明については、これで終わりです。

他のカテゴリでは、バカラの「絞り」・「罫線」のこともわかりやすく紹介しているので、興味が出た方は、ぜひ一度ご覧になってください!