ビデオポーカー初心者へ!基本的ルールと遊び方について

もっともカジノで勝ちやすいゲームのひとつとして知られるビデオポーカー!

初心者さんにもわかりやすいように、今回はビデオポーカーのルールを紹介していきますね。

「ビデオポーカーの種類」について

一言でビデオポーカーといっても種類があり、大きく3種類の機種にわけられます。

パッと見はほぼ同じなのですが・・・

ワイルドカードの有無・枚数が異なり、さらにハンド(役)の配当も異なります。

プレイ前に機種を分別することが重要です。

ポピュラーなビデオポーカー「ジャックスオアベター」

こちらが皆さんが一番よく知っているビデオポーカーだと思います。

ジャックスオアベターは、「フルペイ」の機種で最適な戦略でプレイすれば、カジノゲームの王様と呼ばれるバカラなどよりもハウスエッジの低い「勝ちやすい」カジノゲームになります。

ジャックスオアベターの最適戦略を今後紹介していきますので、ぜひ興味のある方は目を通して、カジノで実際にプレイして楽しんでください。

ジャックスオアベター

「2」がワイルドカードとなる「デュースワイルド」

デュースワイルドは、「フルペイ」の機種ならばジャックスオアベターよりも勝てるとされているビデオポーカーです。

基本的な戦略でプレイするだけでハウスエッジがマイナスとなり、カジノ側より客側が優位に立てる希少なカジノゲームです。

こちらに関しても最適な戦略を今後紹介していくので、デュースワイルドも実際にプレイして楽しんでほしいと思います。

デュースワイルド

ジョーカーが含まれワイルドカードとなる「ジョーカーポーカー」

こちらは、ジョーカーが1枚含まれるだけでじゃんじゃんフォーカードが出ます!

プログレッシブ機能搭載の機種もあるのが特徴です。

ジョーカーポーカー

知っておくべきビデオポーカーの基本的ルールについて

ビデオポーカーの基本的ルールは以下の通りです。

    1. 一般的にビデオポーカーゲームは、カード52枚を1デッキ(Deck)としてプレイします。機種に「Joker Poker」と名前が付いている場合、ジョーカーが1枚以上含まれます。
    2. ベット後、「Deal(ディール)」ボタンを押すことで52枚のデッキの中からランダムに5枚のカードを配ります。

WS000025

    1. プレイヤーは、ハンド(役・Hand)を作るためのカードを選択します。

ルール説明

    1. 次に残りのデッキからカードがランダムに選ばれて新たに配られます。
    2. ハンドが出来た場合、払戻し表通りに配当が各自へ支払われます。

払戻し表

ダブルアップ・・・やる?やらない??

ビデオポーカーのほぼ全部についている「ダブルアップ機能」。

ダブルアップ

はたして・・・やる?やらない?どっちを選べばいいのでしょうか??

悩むところですが、

その疑問への回答は「どちらでもいい」です!

ダブルアップゲームにハウスエッジは存在しません。

完全に50%50%の確立のゲームなんです。

私の考え方としては、ダブルアップゲームで賞金を失うより、戦略が明確な通常ゲームに資金をつぎ込んだ方が結果的に良いと思います。

マルチハンド機能・・・得?損?

中には、マルチハンド機能が付いたビデオポーカーも存在します。

一気に3~100のハンドがプレイ可能となる機能です。

【4ハンド・ジャックスオアベター】

ジャックスオアベター(4ハンド)

【50ハンド・ジャックスオアベター】

ジャックスオアベター(50ハンド)

ハンド数が変わったとしても、実はハウスエッジには全く影響しません!

ですから、マルチハンド機能については、自分の好みで選択してみてください♪

⇒ 50ハンドのビデオポーカーがあるカジノについて

ジャックスオアベタービデオポーカーのセオリー(基本戦略)をわかりやすく今後紹介していきます!