初心者でも簡単!ブラックジャックで勝率を上げるための戦略

前回はブラックジャックの中で、とても重要なルールについてお話をしました。

ブラックジャックというのは

★あなたに配られた2枚のカード
★ディーラーのアップカード

この2つの状況をから、あなたがとるべき選択は確率的に決まっているというお話をしましたよね。

ディーラーのアップカードとあなたのカード、そしてすべての組み合わせを網羅して、あなたがとるべき最善の選択が一目でわかるように、まとめられているものが

『ベーシックストラテジー』という基本戦略です。

ベーシックストラテジーを使えば、ブラックジャックを覚えたばかりという初心者さんでも、一気に中級者への仲間入りができてしまうほどです。

基本戦略「ベーシックストラテジー」の作り方とは

確率的に決まっているというのは、いったいどういうことなのか?

ここでは、ベーシックストラテジー(BS)についてより知るために、実際のケースを想定しながら、次のアクションは何が最善なのか?という部分を『期待値』を使って紹介したいと思います。

ケース1(プレイヤーが有利な組合せの例)

プレイヤー:「4」+「7」=「11」
ディーラー:アップカード「2」

ヒット:0.24(期待値)
ステイ:-0.29(期待値)

この期待値の意味は、毎回ヒットを選択すると毎回賭け金の「0.24倍」の金額を得る可能性が高く、毎回ステイすると平均的に「-0.29倍」の金額を損失する可能性が高いという事です。

つまり、このケースであれば「ヒット」を選択することが確率的に言って「最善」だという事になります。

※期待値について簡単な説明

期待値がマイナスの場合は、プレイヤーにとって「損」をする選択になります。

期待値がプラスの場合は、プレイヤーにとって「有利」な選択になります。

⇒ 期待値(ハウスエッジ)の詳しい説明

ケース2(ディーラーが有利な組合せの例)

プレイヤー:「10」「5」=「15」
ディーラー:アップカード「10」

ヒット:-0.51
ステイ:-0.54
ダブル:-1.01
サレンダー:‐0.5

このケースでは、すべてのアクションがマイナスの期待値となっています。

こういった場合では、期待値の最も大きい「サレンダー」が確率的に損は少ないと考えられます。

※サレンダーやダブルについては、次回詳しく説明しますね。

こんな感じで、プレイヤーのカードとディーラーのアップカードから考えられる、すべての組み合わせと出現確率を計算して、配当金を掛け合わせることで、こういった期待値を算出することができます。

そして1番「損」をしないアクションを使いやすくまとめているのが、ベーシックストラテジーなのです。

計算が面倒な人でも、このような確率計算の話は置いておき、何も考えることなくベーシックストラテジーのチャート通りにプレイをすればいいのです。

ベーシックストラテジーの説明

それではベーシックストラテジーを見ていきましょう!

※ダブルダウン、スプリット、サレンダーについては、まだ紹介していません。

これらについては、次回しっかりとご説明させていただきますね。

ベーシックストラテジーの使い方について

1番左側の列に「プレーヤーハンド」と書いてありますが、これがあなたの手持ちのカードを示しています。

まず、あなたの手持ちのカードがどこに該当するのかを見つけてみましょう。

ちなみに、手持ちのカードは組み合わせによって「3種類」に分けることができます。

  • ハードハンド
    「A」を除いたカードの組み合わせ。
  • ソフトハンド
    「A」を含めたカードの組み合わせ。
  • スプリット
    最初の2枚のカードが同じ数。

これで、あなたの手持ちのカードがどの種類に該当するのか、わかっていただけましたか?

1枚、2枚とヒットするたびにカードの状況は変化していきますので、その都度プレーヤーハンドのどこに該当しているのかをチェックしてください。

ベーシックストラテジーの使用条件

厳密にいえば、ベーシックストラテジーを使う条件というのは

★ディーラーのソフト17はスタンド
★デッキ数が6デッキ

デッキ数というのは、ジョーカーを除いたトランプ52枚を「1デッキ」として、いくつのセットを用いているのか?という事です。

ディーラーのソフト17はスタンドというルールは、テーブル上に記載されていますので、チェックしてみてください。

17以上はスタンド
このルールはラスベガスのストリップ地区で、スタンダードなルールとなっています。

ラスベガスのストリップ地区といったら、カジノのメッカですからね。

6デッキ、ディーラーのソフト17はスタンドというルールは、世界どこのカジノでも標準ルールだという事ですね。

つまり、どこでも「1番」使えるチャートとなります。

もしもデッキ数や、ソフト17の扱いが上記のようなものではない場合は、若干チャートが異なってきます。

ただ、このチャート通りにプレイをしていたとしても、収益にほぼ影響は及ばないので安心して大丈夫です。

それでは次回は、ダブルダウン、スプリット、サレンダーなどの戦術オプションについてお話をしていきたいと思います!