利益を確実に確定させるにはモンテカルロ法!

カジノでは、とんでもない噂をされている「モンテカルロ法」というものがあります。

その噂というのは、モナコ公国のモンテカルロのカジノを破産に追い込んだというものです!

実際に破産に追い込んだ男性の実名も存在しているのですが、実に120年も前の話になるので、真偽は不明となっています。

それにしても、カジノを破産させるというのは、相当だと思いませんか?

まあ、噂は若干話を盛っている可能性もありますが、「モンテカルロ法」というのは、基本的なルールに従いながら、ベットサイズを変化させるものとなります。

そして負けが多いほどベットサイズも大きくなり、「マーチンゲール系」のシステムベットと認識されています。

もちろん、ルールに則ってプレイができれば、マーチンゲール法とは異なり、より確実に利益を残すことができるシステムベットとなります。

ということで、早速モンテカルロ法についてベットルールをご紹介したいと思います。

モンテカルロ法の使い方

モンテカルロ法は1/3の勝率で2倍の配当がつくという賭けで、その威力を発揮してくれます。

例えばダズンベット、コラムベットなどですね。

それでは、モンテカルロ法の使い方をみていきましょう!

1、紙とペンを用意する

用意した紙に「1.2.3.」と記入してください。

これがベットの単位を表しています。

2、両端の数字を足した数を賭けます

最初は4単位を賭けることになり、負けたら右端の数字の隣に『負けた賭け金』を書き込みます。

勝ったら両端の数字から2つずつ合計で4つの数字を消してください。

3、同じ作業を繰り返す

数字が残り1個、もしくは0個になったら「1セッション終了」となります。

そしてまた「1.2.3」から始めていきます。

ある程度ゲームをこなしている例を、ご覧ください。

モンテカルロ法収支テーブル

モンテカルロ法のメリット&デメリット

モンテカルロ法というのは、今までに紹介してきた、ココモ法やマーチンゲール法とは異なり、1回の勝ちで負けた分を取り返すというシステムではありません。

そのおかげで、賭け金の上昇がなだらかになっていますので、テーブルリミットの自己資金を心配する必要が少ない方法となっています。

1かいのセッションをすべて終了させると、必ずプラス収支で終わる事ができます。

これが、モンテカルロ法が長く支持されている理由で、大きなメリットになります。

一方で実際のゲームは、先ほどの表のように単純ではありません。

この程度のゲーム数であれば、記憶の範囲でプレイができるかもしれないのですが、勝率が1/3のゲームになるので、1セッションのゲーム回数というのは、もっと長いと考えていたほうがいいでしょう。

そして連敗を続けると、それを取り戻すためにゲームを数多くこなさなければなりません。

そうなると、増減していた「数列」を記憶するのが難しくなるので、紙とペンが欲しくなってくるのです。

しかし、カジノのテーブルというのは紙とペンを持ち込んでプレイすると、注意を受ける対象となります。

ですからカジノでモンテカルロ法を使うには、ちょっと無理があるのです。

実際にランドカジノで記憶力だけを頼りに、1回だけモンテカルロ法を使ってみたのですが、勝ち負けを繰り返していたので、途中からわけがわからなくなってしまったという人もいます。

ですから、モンテカルロ法を使うのであれば、注意を受けることのない「オンラインカジノ」で紙とペンを用意しながらプレイするのがおススメです。

オンラインカジノであれば、アメリカンルーレットよりもハウスエッジの小さい、「ヨーロピアンルーレット」がありますので、おススメですね。

実際にモンテカルロ法を使ってみると、1つのセッションの中で負けが多いほど終了した時の利益が膨れ上がることがわかります。

慣れないと集中力を使うのでちょっと疲れてしまうのですが、長い1セッションが終わってみると、数百ドルアップしていることもあり、気分が爽快になることもあります!

ということで、次回はモンテカルロ法の応用的な10ユニットについて、お話をしていきたいと思います。

モンテカルロ法を試すならこのオンラインカジノがおススメ