応用範囲が広いシステムベットが「ウィナーズ投資法」

「ウィナーズ投資法」をご存知ですか?

カジノで連敗した時の資金回収法のことで、マーチンゲール法の一種と呼べます。

ウィナーズ投資法と言うのは、実は
以前までヤフオクなどで実際に有料提供されていたシステムベットでした。

その後、年月の経過とともに変化していき、「誰でも知ることのできる」投資法へと進化したのです。

そして、「有料提供」されていたからこそ、その効果はなかなかのもの!

中にはFX・バイナリーオプションに応用している方もいるほど活用可能です。

その気になる特徴は、マーチンゲール法・モンテカルロ法と同じく「連敗した時の資金回収」が目的、

しかも低リスクなのに利益もある程度望める方法なんです!

ウィナーズ投資法を使用できるゲームは、基本的に1/2の勝率、そして配当1倍のゲームです。

例えば、バカラやルーレットのイーブンチャンス(赤or黒)などが挙げられます。

ウィナーズ投資法の「ベットルール」について

これは他のシステムベット同様、まずは1単位当たりの金額を設定しましょう。

ウィナーズ投資法が開始されるのは「2連敗」した時点からです!

はじめは1単位ずつ賭けていきます。

  1. 賭け金を書き出していきましょう。
    もう2連敗しているので「1 1」と記載。
  2. 2連敗後の3ゲーム目から方法を実践します。
    ここから勝つまで左端の単位の2倍を毎回賭けていきましょう。

    • そこでもし連敗が続く場合、数列の右端に賭けた単位をそのつど記入していきます。
    • そして勝った場合は、左端の数字を一つ消しましょう。
      その後、数字が全部消えれば1セッション終了という流れです!

では、わかりやすい具体的な例を記していきましょう。

ウィナーズ投資法収支テーブル

こちらの例では、13回目でプラス収支になっています。
勝ち負けが同じ数になると、プラス収支で終了できます。

この例を見ればわかると思いますが、メモなし実践できるようになるには、練習が少し必要です。

でもモンテカルロ法ほど複雑過ぎない方法なので、一旦慣れてしまえば
オンラインカジノに限らず普通のカジノでも実践可能です。

パーレー系のシステムベットで勝っている時は大勝ちし、連敗してしまった時は低リスクで負け分を回収し最終的に利益を少しでも出す!

そんな感じで他のシステムベットと組み合わせも可能なため、一旦この方法をマスターすれば様々な場面で応用可能なシステムベットなんです。

気になったらぜひともお試ししてみてください。

さて、今回説明したウィナーズ投資法と併せて使ってもらいたい「パーレー法」を次回は説明していきます。