資金チップ31枚をどんどん増やす2連勝法(31法)について

タイトルにもある「2連勝法」とは、約1/2の勝率のバカラ・クラップス・ルーレットなどのゲームに使える方法です。

2連勝法の名前通り、これは「2連勝することで利益を出す攻略法」になります。

1勝した賭け金を含めた払戻金全てを次の勝負に賭け、負け分をしっかり補填しつつ利益を出せます。

2連勝法は他にも別名「31法」とも呼ばれ、負けても最大31単位分の資金を失うのみです。

例えば、1単位の設定を1ドルにすると・・・31ドルが1セッションで用いる資金となります。

この方法は、1/2の勝率のゲームが対象。

意外と2連勝は簡単ですし、

失敗したとしても損失額があらかじめ分かっているので無駄に資金を使いすぎる心配もありません。

なので、バンクロールを意識し始めたプレイヤーにピッタリです。

ではでは、早速2連勝法のルールを学んでいきましょう。

2連勝法でのベットルールについて

最初に1単位の金額を決めます。

2連勝法の最大負け額は、先ほども書いた通り31単位です。

ですからあなたのカジノ資金やお財布状況と相談して、適正な金額を設定しましょう!

具体的な方法を説明していきますね。

ベットサイズには、以下のような「段階」が存在します。

第1段階 1 1 1
第2段階 2 2
第3段階 4 4
第4段階 8 8

これらを全て足すと・・・「31」になるんですね!

31単位を9勝負に分けて、ベットサイズを段階的に上げていきます。

ベットを下記にある2点のルールに従って賭けていきましょう。

  • その後、どこかの時点で2連勝したら終了。そこでリセットします!
  • 負けた場合、右となりの単位に移行してください。右隣にユニットが無い場合、次の段階へと進んでいきましょう。

2連勝法(31法)収支テーブル

上記にある例を見てください。

第2段階の2単位を賭けた際に連勝しており、説明通り負け分を補填し、3単位分の勝ちを得ています。

31法のメリット&デメリットについて

ここまでで、31法が簡単だと分かっていただけたと思います。

こちらは、初心者にも簡単にできる十分実践可能なベットシステムの一つ!

  • 自分の欲を抑えてコツコツ勝つこと
  • バンクロールを意識できること

カジノで勝つための要素がギュッと詰まったシステムベットです。

自己資金をこの方法でコントロールすれば、失敗して大負けすることはありません。

システムベットを参考に、あなたに合ったカジノ攻略を練っていきましょう。

さて、では次回は上級者向けシステムベットである「モンテカルロ法」を
わかりやすく説明していきますね。