リミットあげて勝率アップ!10ユニット法って?

110ユニット法というのは、モンテカルロ法に似ているシステムベットのことです。

紙とペンを使って前回の勝敗の結果に基づいた数列をつくり、毎回ベットサイズを変化させるという方法になります。

10ユニット法という名前の由来は、この方法が成功したら10ユニットの利益が得られるというところからきています。

ですから1ユニット=1ドルとしたとき、成功すれば10ドルの利益を得ることができるのです。

え!?10ドル!?少なくない?と思いました?

いやいや、10ユニット法を1セッションプレイする中で、あなたの資金の限度額を上げれば上げるほど、10ユニットを得る確率があがります!

10ユニット法では、ゲームをスタートさせる前に、投資する資金のリミットを自分で任意に設定ができます。

ですから、マーチンゲール法のように、賭け金が吊り上がってしまって止めるに止めれなくなり、テーブルリミットに達したとか、資金をすべて食いつぶしたという「大負け」をすることがありません。

そして、モンテカルロ法やココモ法とは違って、1/2の勝率のゲームに適応しているシステムベットなので、連敗する確率が低くて、成功しやすいという特徴があります。

ですから、ある程度余裕のあるリミットと適当なユニットを設定すれば、高確率で10ユニットの利益を得ることが可能なのです。

自分の資金をコントロールすることは、カジノで勝利するための重要な要素となります。

システムベットの枠を取り払い、決められた資金内でプレイするという部分も覚えていただきたいポイントです。

10ユニット法の使い方について

10ユニット法に適したゲームは、約1/2の勝率で配当が1倍というゲームになります。

ルーレットのイーブンチャンス、バカラ、クラップスのバスラインなどが当てはまります。

ゲームを決めたら、1ユニットの金額と1セッション分のリミットを決めましょう。

※ここでのリミットは、テーブルのベット金額の制限ではなく、このページでお話する中に限り『自分の資金のリミット』としますね。

リミットを100ユニットと決めたら、1ユニットを1ドル設定にするのが適当です。

そして、プレイするゲームやテーブルベット額の範囲を考えながら、リミットを決めていきましょう!

ルールについて

1、紙に1を10個書きましょう。この1が「1ユニット」を表します。

そして紙に書きだした10個の1を消すことができたら、10ユニット分勝ったという事になります。

2、基本的に左端の数字と右端の数字を足した額を賭けます。

数字が残り1つになったら、それを賭けてください。

3、賭けに勝ったら、数字の左端と右端の数字を1つ消します。

4、負けた場合は右端に負けたユニット数を書き込みます。

5、手持ちの資金が両端を足したユニット数に満たない時は、左端の数字分だけ賭けます。

★買ったら左端の数字を消し、負けたら負けた額を左端に書く。

★左端の数字分が残っていないなら全額賭け、勝ったら賭けたユニット分を左端の数字から引きます。

このようなルールに従って、紙に書いた数字がすべて消されるか、もしくは資金のリミットに達するまで賭けを続けましょう。

下記の例では、3回目以降に勝ちが続いており、数字をすべて消すことに成功したものです。

最終的には10ユニット勝っていますね。

10ユニット法収支テーブル

次の例は、勝負が長引いて紙の上の数字が「10 11 12 13 14 15」となってしまい、資金が少ない場青の賭け方になります。

最終的に資金がなくなっており、これで負けという事になります。

10ユニット法(負け)収支テーブル

10ユニット法のメリット&デメリット

10ユニット法というのは、資金のリミットを上げれば上げるだけ、10ユニット勝つという確率がアップします。

例えばルーレットで考えると、「赤or黒」に賭けるとき、100ユニット分の資金を準備すると、約85%の確率で10ユニットをゲットすることができます。(ゲームの種類によって、確率は異なります)

ちなみに、クラップスのPassに賭け続けた時は、100ユニットを用意すれば90%以上の確率で10ユニットをゲットできるという、驚きのシミュレーション結果も存在します。

この確率というのは、ゲームのハウスエッジによって変動しますので、ハウスエッジの「低い」ハウス、ゲーム、賭け方を選びましょう。

そうすれば、10ユニット法が成功する確率がアップしますよ~(^^)/

⇒ ハウスエッジの詳しい説明

では、10リミット法のデメリットは何なのか?

それは、リミットと1ユニット当たりの金額設定を見誤った場合、テーブルの最大ベット額に引っかかることです。

自分でリミットを設定しているのに、テーブルのリミット制限によって負けてしまうというのは、とてももったいないですよね。

ですから、プレイする前にしっかりと見極める必要があります。

ということで、実際にカジノでプレイをする前に、カジノサイトで練習をしてみるといいでしょう。

どのくらいのリミット設定をすればいいのか?間隔をつかんでから実践に向かいましょう!

次回は、これまで優良で提供されてきた「ウィナーズ投資法」についてお話をしたいと思います。お楽しみに(^^)/

10ユニット法の恩恵を授かれる還元率の高いオンラインカジノ