パーレー法で勝てる時に利益を確保する!

システムベットの基本方法というのは『マーチンゲール法』になります。

これは、「負けたらベット額を上げる」という方法になります。

マーチンゲールの欠点というのは、テーブルリミット(ベット金額の制限)があることや、カジノ資金の大きさがモノを言うことです。

そういった制限に引っかかると、すべてを失う事になります。

そして、『パーレー法』と呼ばれるシステムベットは「勝ったらベット額を上げる」という方法になります。

勝った時だけベットサイズを上げるという方法になるので、リスクは比較的小さく済みます。

さらに波を掴んだら、大きく稼ぐことができる可能性もあるのです。

ということで、まずはパーレー系の基本ともいえる『パーレー法』についてお話をしたいと思います。

パーレー法の使い方について

賭け方はとっても簡単です!

マーチンゲール法の真逆なので、勝ったら賭け金を「前回の倍」にすればOKです。

こんな感じですね・・・

「1,2,4,8,16,32,64,128,256,・・・」

そして、負けた時には賭け金をリセットします。

それではまず、基本のベット額を決めてください。

下記の表は、資金100ドルで基本ベットを1ドルにしたときの収支になります。

資金100、基本ベット1でのパーレー法収支テーブル
パーレー法収支テーブル

この表のように、5連勝をすれば「+31」の利益になります。

しかも、どこで負けたとしても「1単位」での損失なので、リスクが低い事が分かりますよね。

ですから、負けたら利益を失ってしまうので、連勝をいくつで止めるか?という見極めが、パーレー法では重要になります。

基本的に3連勝くらいしたら止めておき、勝負をするときであれば5連勝くらいで止めるのが、コツコツと資金を増やすポイントになります。

とはいっても、あくまでも個人的な意見になりますので、実際にあなたがパーレー法を使ってみて、何連勝で止めるのかというのを実践して経験することが必要です。

なので、無料ゲームで試してみてくださいね♪

ポイントは、「強欲にならない」ことです!

グランパーレー法について

グランパーレー法というシステムについても、ご紹介しておきますね。

パーレー法は、勝った時に賭け金の2倍が上がるという方法でしたが、グランパーレー法は「2倍+1」となります。

つまり「1,3,7,15,31,63,・・・」こんな感じです。

資金100、基本ベット1でのグランパーレー収支テーブル
グランパーレー法収支テーブル

上の表を見ていただくと分かりますが、パーレー法と比較すると勝ち金の上昇が加速しています。

ただ、ベット後の残金を見てみると、自分の資金を食いながらベットしているという事実も見えてきます。

とはいえ、1勝負につき「+1」なので、パーレー法よりも大きく稼ぐことができますので、個人的にはグランパーレー法はおススメですね。

それから、グランパーレー法は3勝してリセットをするのが、一般的とされています。

『グランパーレーオブスリー』なんて呼ばれるくらいに、有名なシステムベットなんですよ。

まずは、パーレー法から試してみて、調子が良いなと感じたらグランパーレー法も試してみましょう!

パーレー法を試してほしい「還元率の高い」カジノサイト