カジノのハウスエッジを超えるために知っておきたい方法

カジノで遊びたいなら、あなたに「カジノの優位性(ハウスエッジ)」が確実につきまといます。

それも、あなたのゲーム数が増えれば増えるほど、ハウスエッジはゆっくりと着実にあなたの資金をじわじわ食い潰していくのです。

そこで今回は、私の経験&ハウスエッジの特性から、あなたがハウスエッジを乗越えられるかもしれない方法4つを紹介していきます。

これから説明するのは、全てが独立した方法ではなく、4つ全てが絡み合ってハウスエッジを超える方法となります。

それを頭において読んでみてください!

闇雲にゲーム数を増やさないこと

何度か説明していますがハウスエッジとは、「ゲーム毎の平均的な損失の割合」と定義しています。

ですから、ゲーム回数を重ねるほど理論的なハウスエッジに近づいていく・・・と説明してきました。

ハウスエッジが何度もゲームを繰り返された上での損失ならば、

単純に「ゲーム数を減らすこと」

がハウスエッジを乗り越えるひとつの方法です。

でも、事前に100ゲーム・200ゲームとプレイ前からゲーム回数を決めるのではありません。

あなたが実際にゲームをして、その中でツキ・流れを掴んでゲーム数を「絞る」りましょう。

例えば、あなたの中で、

  • 総資金の何%勝った時点でやめる。
  • 総資金の何%負けた時点でやめる。

などと、定量的なルールをあらかじめ決めておき、強い意志で実践するだけ!

そうなるとたった数ゲームで終わるセッションも出てきますし、逆にゲーム時間が1時間以上に及ぶセッションも出てくる可能性があります。

フラットベットはしないこと

フラットベットというのは、毎回ゲームで同じ金額をひたすらベットすること。

こちらは、最初の項目とセットで考えてほしい案件なんですが・・・

カジノでのゲーム中というのは、実は下記のようなバイオリズムに似た波の中で資金の上下が繰り返されています。

局所的に見れば勝ち・負けを繰り返しているように見えますし、大局的に見れば大きな波に乗っていることも・・・

資金の推移グラフ

しかし、波は定期的ではないですから上昇・下降のタイミングを見計らうのは難しく、最終的に経験的なものに頼ってしまうもの。

でも、うまくタイミングを掴まえられれば、フラットベットより勝つことができ満足できるんです!

その一例がこちらです。

ベット変化による効果

こちらは、「ミニバカラをプレイした結果」です。

わかりやすいようにフラットベットで100ドル使用した場合と最低25ドルベットでベット金額を2倍~12倍まで変化させた場合の資金推移グラフになっています。

ミニバカラは、1時間で大体70ゲーム程度が行われます。

ここでは、約5時間程度ゲームを続けた結果、最終的に350ゲーム消化しています。

上出来の部類に入る例を今回は私の独断で挙げましたが、フラットベットと違い資金を大きくアップすることが出来る可能性があります。

ハウスエッジの低いハウスを調べて選ぶこと

これは、「還元率の高いカジノを選ぶこと」と大体同じ意味で言っています。

カジノでは、たとえ同じゲームでも配当・ルールが違ってくる場合があります。

中には、そのカジノ特有のローカルルールがあったりもするので、下調べが大切です。

ルール変化がハウスエッジへどう影響するのかをきちんと知っておき、

ハウスエッジが不利なカジノは選ばない事が大事です。

こちらで紹介している「ルール」カテゴリでは、「各ゲームでのルールによるハウスエッジの違い」もわかりやすいように紹介しているので、ぜひ一度目を通して確認してみてください。

あ!私が独断と偏見でおすすめするハウスエッジの低い=還元率の高いハウスは・・・

⇒ 私のおすすめするハウスエッジの低いカジノはこちら!

バンクロール(資金)は最適な金額準備すること

他のページでも紹介しますが、

1/2の確率のバカラでさえ、実際にゲームしてみたら全く当たらずに10連敗する可能性はあります。

(これは、例えばコインの表裏なら10連続で全て表が出るくらいの確立)

「10連敗の確率は512分の1!全然負ける気がしないし、こんなの偶然偶然!」

そんな風に思うかもしれませんが・・・

それは、実は違うんです!

9連敗後に10連敗する確率は「2分の1」です!!

あなたのカジノ資金が減っていくにつれて、ゲーム中の精神的なコントロールもじわじわ破綻していきます。

堅実にセオリー通りプレイしていたのに、

負けが続くと焦るあまり一発逆転を狙ってハウスエッジの高い賭け方を
してしまう・これまでのセオリーを完全無視してプレイ続行してしまうことも・・・

あなたのプレイスタイルに余剰資金の大小が影響してきます。

ゲームによって違いますが、平均ベット額の40倍以上のバンクロールをあらかじめ用意してゲームへと望みましょう。

あなた自身がプレイするなら、あなたの資金の振れ幅をきちんと知っておくことです。

例えば、平均ベット50ドルを1単位と考えて、勝ち・負けを繰り返したた資金がどれくらい増減したか?

この時の最大値・最小値が振れ幅です。

もし、30単位なら平均ベット額の30倍、40単位なら平均ベット額の40倍を準備しましょう。

私自身、自分の振れ幅がイマイチ掴めなかった時期は、下記のカジノサイトで平均ベット額を10ドル程度に設定。

そうして最低ベット1ドルで何度も何度も練習しました。

⇒ スマホでプレイできるおすすめカジノ練習サイト

ゲーム数をこなすと、自分の振れ幅が自然と分かるようになっていきます。

なので、結果的にバンクロール管理もうまくなっていきますよ!