バカラをプレイ!「絞り(スクィーズ)」の方法&マナーについて

バカラをプレイする際の醍醐味といえば・・・

今回説明していく事になる「絞り(スクィーズ)」です!

「絞り(スクィーズ)」を覚えることで、バカラの醍醐味が100%味わえて楽しくなりますよ♪

基本的にミニバカラとバカラのルールは全く同じですが、

「絞り(スクィーズ)」の有無で全く違うゲームになると言っても過言ではないんです!

ある程度「絞り(スクィーズ)」にも慣れれば簡単に思えますが、最初は難しく感じる事でしょう。

そこで、手っ取り早く慣れるためにも手元にトランプがあれば準備してご覧ください!

バカラの「絞り(スクィーズ)」について

ミニバカラは、プレイヤー・バンカーへのカードをディーラーがめくるので「絞り(スクィーズ)」もなにもないのですが、

「絞りバカラ」をプレイするとバンカー・プレイヤーに配られたカードを自身の手でめくることになります。

それを聞いて、

「え??自分でめくるから何なの??」

と思うことでしょう。

私自身、「絞り(スクィーズ)」をはじめて知ったのがインターネットだったので、

「?一体何が違ってどこが楽しいんだ?」

と思って不思議でなりませんでした(苦笑)

でも!「絞り(スクィーズ)」があるからこそバカラはカジノゲームの王様とも呼ばれるんです。

理由は、読み進めていくとわかってくると思います。

「絞れる人」について

では、一体「だれが」カードを「絞り(スクィーズ)」のでしょうか?

基本的にバンカー・プレイヤーへベットした人の中で、「最高額」をそれぞれベットした客に絞る(スクィーズ)権利があります。

その権利を受けられるベット額は、そのプレイしているテーブルのリミット(ベット上限)によってピンキリ。

少ない場合は、数ドルのベットで絞れる可能性もあります。

絞り方(めくり方)について

これには、特に厳しいルールはありません!

ペロンと普通に表にひっくり返してもOKですし、じわじわ時間をかけてカードをめくるのもOKです(笑)

めくる方向も自由で、縦方向・横方向・斜め方向でもOKですよ。

「絞りバカラ」に慣れている人の場合、カードの両角を親指で器用に隠して、マークの配列だけで数を確認する方が多いようです。

まずはカードの縦方向から絞って「足」の有無を確認、次に横方向(サイド)を絞る・・・のが一般的ですね。

    1. <縦絞り>

縦絞り1

    1. <横絞り>

横絞り

最初に「足」を確認する縦絞り!

カードの縦方向をめくって「足」をはじめに確認します。

    • 「絵(ピクチャー、コン)」の場合

コン

絵の枠が見えたら、そのカードはピクチャー確定です。

時間をかけずにササッととめくってしまいましょう。

    • 「足」がない(エース)の場合

エース
この場合「A」確定なので、こちらもササッとめくってしまいましょう。

    • マークが1個(タテ・モーピン)の場合

タテ2

「2」・「3」のカードに限られますので、じわじわめくり続けて「2」・「3」を確定させ、そのまま思い切ってめくり上げてください。

    • 「足」がある(マークが2つ)場合

足

「4」~「10」のカードとなります。

めくり続けてサイド(横絞り)もしっかり確認しましょう。

サイド(横絞り)を確認!
    • ノーサイド(モーピン)

ノーサイド

「A」・「2」・「3」のカードとなります。

※もしも縦絞りから始める場合なら、ノーサイドは有りえないですけど・・・

    • ツーサイド(リャンピン)

ツーサイド

「4」・「5」のどちらかのカードとなります。

    • スリーサイド(サンピン)

スリーサイド

「6」・「7」・「8」のどれかのカードとなります。

では、スリーサイドの確認に進みます!

    • フォーサイド(セイピン)

フォーサイド
「9」・「10」のどちらかのカードとなります。

めくり続けて「9」・「10」のどちらか確定させます。

スリーサイドの確認について

横絞りで数字を確定してもOKですが、ナチュラル「8・9」の可能性がある場合・・・

ここからさらに時間をかけてじわじわと絞るのもアリです。

スリーサイドは、描かれたマークの向きがとても重要です。

3つ並んだマークの2つは同じ向きで1つは逆の方向ですよね。

(まあ、ダイヤの場合は分かりませんけど!苦笑)

同じ向きの間にマークが無い場合なら、そのカードは「6」で確定です。

6確定

逆向きの間にマークがあるなら「8」のカードで確定ですね。

8確定

ここまで読んできてわかったと思いますが・・・・

一気にカードをパッとめくらずに、じわじわとわざと時間をかけてカードを確認するのが「絞り(スクィーズ)」の魅力!

「絞り(スクィーズ)」がカードを変える?!

バカラの絞り(スクィーズ)は、

「絞る人によってカードが変わる」

と非科学的・オカルト的な噂が信じられています。

例えば、とある絞りバカラに参加しているあなた・・・

現在の状況はバンカーの5ツラです。

あなたがそこで「バンヅラが続くだろう」と信じてバンカーに賭けた時、その時点までずっとプレイヤーに賭け続けていたツイテいない人が続きを絞るよりも、バンヅラを立て続けに絞った人に絞って欲しいと思いませんか?

仮にツイテいない人がバンカーに最高額を張っている状態でも、

ここでは、立て続けに絞ってきた客・バンヅラを当て続けてきた客に絞るのを譲るのが「暗黙の了解」「マナー」です!

「絞り(スクィーズ)」のマナーについて

上で書いた例のような「暗黙の了解」「マナー」について紹介していきますね。

    • 掛け声について

バカラというゲームは、バンカーとプレイヤーの戦いですが・・・

絞りバカラでは、バンカー・プレイヤーのカードを絞る人間同士の戦いのような感じになりますよね。

なので敵側の絞りの最中、彼らに不利なカード、例えば「ピクチャー!ピクチャー!」などとカードについて叫ぶ行為はNGです。

ハウス(カジノ)相手の場合なら問題ないものの、ついついゲームでアツくなっていると忘れがちなルールなので注意ましょう。

    • ベットアップについて

ベット金額が同じ場合、座っている座席番号の若い方が優先的に絞れる、もしくはディーラーが決めてくれます。

「絞り(スクィーズ)」の権利を得られる=「勝負」に出ている場合が多いので、「絞りたい!」欲求は理解できますが、そのために後から少額のベットを上乗せする行為は周りから見ていてスマートではありません。

ディーラーに委ねてスマートに対応しましょう。

    • 変な期待を周囲にもたせないこと

1枚目のカードが「5」の場合、次に来て欲しいのは・・・

「ノーサイド(1・2・3)」もしくは「ツーサイド(4・5)」のカードですよね。

特に「ツーサイド」の場合は、「4」か「5」がくることで合計が「9」か「10」となる運命の分かれ道・・・

「ノーサイド」の場合は、「1」~「3」なのでまぁまぁ満足して終われそうです。

しかし、「ピクチャー」・「スリーサイド」・「フォーサイド」がきた場合は、大したハンドにはなりませんよね。

なのに時間をやたらかけて絞るのは、変な期待を周りの客に持たせてしまうことになりますし、結果を見せた時に周囲から反感を買います。

「スリーサイド」「フォーサイド」の場合は、カードをササッとめくってしまいましょう。

    • 空気を読むこと

いくら自分のベット金額が大きい場合でも、ツイテいる・ツラを出し続けている人にあなたの絞りの権限を譲りましょう。

スクィーズバカラを楽しんでプレイしたいなら、敵も必要ですが仲間だって必要なんですよ!

ここまでスクィーズバカラについていろいろと説明してきましたが・・・

みなさん、いかがでしょうか?

あなたも絞りバカラを楽める知識が備わったと思います!

次は「絞り(スクィーズ)」の続きとして、さらに実践的な内容を紹介していこうと思います。

興味にある方は、ぜひともご覧くださいね!!

【PR】
エンパイアカジノの開催している「ライブバカラ」では、数十人のディーラーからあなたの好みに合ったお気に入りのディーラーを見つけて「スクィーズバカラ」を楽しめます♪

1ベット1ドルから手軽に参加できるテーブルもあり、
クレジットカード入金も可能なので、数百ドル程度の金額で「絞りバカラ」に慣れて実践へ進むのがおすすめです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ディーラー